これだけはやっておきたい!機械式時計のメンテナンスについて

機械式時計の魅力とは

機械式時計は、ゼンマイを動力源として歯車を回転させて、針を動かしています。そのため、針は細かく震えて動いており、味わい深さを堪能することができます。また、高級ブランドメーカーが製造している時計は、一点一点職人が部品を作ったり組み立てたりしているので、見ているだけで質の高さを感じることができます。そんな特徴を持つ機械式時計ですが、長く使いたいのであれば、メンテナンスは欠かせません。これをしておくだけで、一生物にすることも可能です。

具体的にどんなメンテナンスが必要なのか

具体的に機械式時計に施すべきメンテナンスは、オーバーホールです。内部の部品を分解・洗浄して、不具合があれば取り替えます。また、組み立てた後は、なるべく正確に時を刻むように、調整を行います。これは、職人が一点ずつ丁寧に作業するので、コストはかかってしまいます。しかし、やっておくと、不調を見逃さずに済むため故障を避けることができますし、時計の動きも良くなります。したがって、定期的にオーバーホールをしておくべきでしょう。

普段は何をしておけば良いか?

オーバーホールは専門技術が必要なので、業者にやってもらう必要があります。そのため、個人が行うこととしては、表面の汚れを取ってきれいにすることが挙げられます。ステンレス製の時計ならば、やわらかい布を使って拭き取るのがおすすめです。指紋や手垢などを、本体を傷つけずに取ることができます。また、革性ベルトなら、汚れ落としてを使ったり、つやを出すクリーム剤を使ったりして、見た目をきれいに保っておくと良いしょう。本体を分解してしまうと、個人では絶対に戻せなくなってしまいますし、破損につながります。したがって、個人でするメンテナンスは、この程度にしておくべきです。

パテックフィリップとは高級時計のメーカーで、1839年に二人のポーランド人がスイスに移住してから創業しました。

コメントは受け付けていません。