手のひらサイズの家族、ハムスターの飼い方。ここだけ抑えて!

手のひらサイズの家族を迎えてみませんか?

ハムスターを飼ってみたいと思いませんか?ハムスターは慣れると手のひらに乗ったり、決まった時間に出てきてアピールをしたりと可愛い動物です。意外かもしれませんが、トイレを覚えてくれる個体が多いので、ケージの中もあまり不衛生にならず、1週間に一回のお掃除で十分ですし、可愛いしぐさが何よりも癒しになります。省スペースや少ないお金で飼育できるのも魅力の一つです。ストレスの多い今日だからこそ、小さな家族をお迎えしてみませんか?

種類を抑えよう!あなたにピッタリな子は?

ハムスターには色々な種類がいます。4年半前後生きられるのはゴールデンハムスターだけで、それ以外の種類は2年半前後が寿命です。短い命ですが、悔いの残らないよう、自分に合った子と楽しい毎日を過ごしましょう。そのためには、種類ごとの特長を抑えておく必要があります。ゴールデンハムスターはアニメ化されるなど根強い人気があります。寿命が長く、他のハムスターよりも大きな体が特徴です。ジャンガリアンは黒い線が入っているのが有名ですが、おっとりしていて慣れやすく初心者向きです。キャンベルは気性が荒いですが、さまざまな毛色があり、見た目の愛らしさはピカイチです。ロボロフスキーは数匹で買うことができますが神経質で、観賞用ペットと言えます。初心者ならばゴールデンかジャンガリアンを選ぶと良いです。

最低限の必要なお世話はこれ!これだけは押さえて!

朝と夕方に新鮮なお水とハムスターフードを用意してあげましょう。その際、残っているお水やフードは取り除きます。また、定期的にエサ皿を洗うようにしましょう。トイレは固まる砂が便利ですが、3日から週に1回は砂を交換してください。巣箱の中に餌を隠す習性がありますので、生野菜やチーズなどをあげた場合は、それらが腐る前に、可哀想ですが隠した餌を取り除きましょう。不衛生は小さな体のハムスターにとって大きなダメージとなります。お掃除は週に1回、床材などを全部取り替え、月に1度は除菌などの掃除グッズを使用しましょう。ペットコーナーに売っています。このように、ハムスターは簡単なお世話で飼育することができる生き物です。短い寿命ですが、大切な命。ハムスターと共に楽しい毎日を過ごしましょう。

子犬販売なら神奈川県の専門店を利用することで、豊富な種類の中から自分の好みに合った子犬を選択できます。

コメントは受け付けていません。