犬の正しい飼い方!犬も大切な家族の一員です

室外より室内で飼いたい

犬を飼う時は、室内で飼うか室外で飼うか決めなければいけません。結論から言うと、室内で飼った方が長生きするというデータがあります。外は、直射日光を浴びることになりますし、冷たい雨や風をダイレクトに受けます。これらは、いくら毛に覆われている犬とは言えどストレスを感じるので寿命が短くなってしまいます。ダニなどが体毛に住み着く可能性も高まりますし、常に痒いとストレスも溜まります、このように、室外で飼うのはデメリットが多いです。

ふれあいはとても大切です

犬も家族の一員なので、放ったらかしではなくふれあいがとても大切になります。放ったらかしであれば犬も寂しさを感じてストレスが溜まってしまいます。頭を撫でてあげることはもちろん、少し体を触ってあげたり話しかけてあげるなどすると犬は寂しがりません。犬は知性の高い生き物なので、人間が真摯に向き合って接してあげると、その気持ちが犬にも伝わります。その結果、犬は幸福感に満ちて人間が大好きな性格へと変わっていきます。

人間の食事は与えない

可愛い犬にも、人間と同じような食事を与えたいと考えがちです。しかし、人間の食事は犬にとって高カロリーですし塩分も多いです。犬は何でも美味しそうに食べてしまうので、与える側の飼い主がしっかりと注意しなければいけません。もしよく食べるからと言って人間の食事を与えていると、生活習慣病になってしまい寿命が縮まってしまいます。犬と長く過ごすにはドッグフードを基本として、人間の食事は一切与えないという意識が必要です。

子犬販売なら東京都で決まりです。築地に全国からたくさんの鮮魚が集まるのと同じで、たくさんの子犬が集まります。

コメントは受け付けていません。