頭がよくて鳴き声が小さい!フェレットを飼ってみよう

フェレットはいたちの仲間

最近、フェレットをペットとして飼う人が増えてきています。フェレットとはいたちの仲間で、犬や猫のように自分の名前を認識できるほどの知能がありながら、鳴き声はほとんどなく、発しても非常に小さいというところが人気の秘密といえるでしょう。ルールによって犬と猫の飼育が禁止されている集合住宅でも飼える動物であり、価格は犬猫と比べるとかなり安いので、これからさらにペットとしての重要が高まっていくことが予想されます。

飼い主と遊ぶのが大好きな動物

では、フェレットを飼う場合、どういったことに注意すればいいのでしょうか。まず、ケージの中だけに閉じ込めないようにすることが大切です。フェレットは犬猫と比べると小柄であり、モルモットのような大型のねずみと勘違いしている人も少なくありませんが、実際は肉食動物で、運動量が豊富です。飼い主と遊ぶことも好きであり、一定時間、ケージの外から出してやらないと運動不足に加えてストレスがたまってしまうことになります。

餌は専用フードを与えるだけで大丈夫

散歩はやろうと思えばできますが、犬のように進んで道を歩いていくことはありません。なので、実際に散歩させようとしても、大半は飼い主が抱いて移動することになるでしょう。餌については、専用フードが複数の会社から出ているので、好みを調べて買い与えるようにしましょう。専用フードは総合栄養食なので、それだけで食べさせれば充分です。人間の食べ物を与えても食べる可能性はありますが、塩分が多くてフェレットには有害なので与えてはなりません。

子犬販売なら神奈川のショップを利用することで、希望条件に合った子犬を見つけられる他、飼育方法などのアドバイスも受けられます。

コメントは受け付けていません。